RunBlox(ランブロックス)とは?始め方・稼ぎ方を徹底解説【初心者向け】

RunBlox(ランブロックス)とは?始め方・稼ぎ方を徹底解説【初心者向け】
🧑‍💻
読 者
お悩みの声「RunBlox(ランブロックス)の始め方や稼ぎ方が知りたいけどよくわからない! そもそもRunBloxはどんなゲームだろう? Runbloxの将来性は大丈夫だろうか。。。」

このような疑問を解消していきます。

 
筆 者
記事を書いた人「こんにちは、ヒコラボです。収入の大半を仮想通貨で運用しつつ、メタバースやNFTゲームに関して日々研究をかさねています。」

この記事では、まもなくリリースされるMove-to-Earnゲーム「RunBlox(ランブロックス)」についての知識や始め方・稼ぎ方についてご紹介します。

本記事から得られること

ご紹介するRunBloxの始め方を実践することで、RunBlox(ランブロックス)の事前準備を万全に整えられます!NFTゲームは先行者ほど利益を得やすいので、リリースと同時に始められるようにしておきましょう。

はじめにRunBlox(ランブロックス)の概要からご紹介しますが、すぐに始め方を知りたい場合は下記のボタンをクリックorタップして移動してくださいね!

\記事内の該当箇所へ移動します/
すぐにRUNBLOXを始める!
目次

RunBlox(ランブロックス)とは?

RunBlox(ランブロックス)とは?

RunBlox(ランブロックス)は、Move-to-Earn(運動して稼ぐ)形式のNFTゲームアプリです。

専用のアプリ内でNFTスニーカーを装着して、現実世界の道を歩いたり走ったりすることで仮想通貨を稼ぐことができます。

NFTスニーカーは1足1足に異なる能力値やランクが設定されており、価格も様々です。基本的には、価格の安いNFTスニーカーよりも、高いNFTスニーカーの方が同じ距離でも得られる収益は多くなります。

Move-to-Earn形式のゲームは、STEPN(ステップン)が大人気になったことで続々と登場しています。

その中でも、RunBlox(ランブロックス)はZOZO創業者の前澤さんが出資を発表したことで、Move-to-Earnの中でも特に注目されているNFTゲームです。

RunBloxの概要

対応機種iPhone / Android
対応言語英語
ブロックチェーンAvalanch(アヴァンランチ)
トークンOBX / RUX
公式サイトhttps://runblox.io
リリース2022年7月

RunBlox(ランブロックス)はOpenBlox(オープンブロックス)というNFTゲームプラットフォームのアプリのひとつです。

RunBlox(ランブロックス)で使われる2つのトークンのうち、OBXはOpenBloxの各ゲーム共通で使われるプラットフォームトークンです。一方「RUX」はRunBlox(ランブロックス)専用のゲーム内トークンになっています。

RunBloxが注目されている理由

RunBlox(ランブロックス)が注目されている理由は主に次の2つです。

次のSTEPN

一つは次のSTEPNとしての注目です。

コロナ禍の行動制限で運動欲が高まっていたこともあり、STEPNは大人気のNFTゲームとなりました。

しかし、STEPNはリリース当初よりも、稼ぎづらくなっているのが現状です。そのため、次のSTEPNとなるアプリにいち早く参加したいというニーズがあります。

ZOZO創業者の前澤さんが出資

もう一つはZOZO創業者の前澤さんによる出資です。「MZ Web3ファンド」の投資先第一号としてRunBloxが選ばれたことで注目を集めています。

【MZ Web3ファンド投資先第一号決定】
Move to EarnやPlay to Earnのアプリ開発を行うOpenblox @OpenBlox_io への投資が決定。#Runblox など各種サービスを日本でも紹介していきます。

RunBlox(ランブロックス)の5つの特徴

RunBloxの持つ5つの特徴

RunBlox(ランブロックス)の特徴は次の5つです。

  • Avalunch(アヴァランチ)チェーンのNFTゲーム
  • 歩くことで日本円に換金できるRUXトークンが稼げる
  • NFTスニーカーそれぞれに異なる能力値やランクが設定されている
  • 他のアプリとの併用ができる
  • スマートウォッチにも対応予定

それぞれ解説していきます。

① Avalunch(アヴァランチ)チェーンのNFTゲーム

RunBloxはAvalunchチェーン上に構築されているアプリです。

そのため、NFTスニーカーの購入や、稼いだRUXトークンの送金などにはAvalunchチェーンの仮想通貨(暗号資産)であるAVAXが必要となります。

② 歩くことで日本円に換金できるRUXトークンが稼げる

RunBloxでは、歩いたり走ったりすることでRUXトークン稼げるゲームです。稼いだRUXトークンは、取引所経由で日本円に換金できます。

③ スニーカーそれぞれに異なる能力値やランクが設定されている

RunBlox(ランブロックス)のNFTスニーカーは異なる能力値やランクが設定されています。どのスニーカーを選ぶかで稼げるトークン量が変わってきます。

NFTスニーカーの種類

靴の種類によって対応する歩行速度の範囲が変わります。自分の歩行速度やランニングの速度に合わせてNFTスニーカーを選びましょう。

タイプ歩行速度範囲(km / h)
歩く(Walk)2-7
ジョギング(Jog)5-11
走る(Run)8-20

NFTスニーカーの属性

NFTスニーカーには4つの属性があり、それぞれの数値によってNFTスニーカーの機能性が決まります。

  • ①Attack:RUXの獲得量に大きく影響
  • ②Luck:アイテムがもらえる確率が上がる
  • ③Speed:開発中のため不明
  • ④HP:NFTスニーカーの耐久性。数値が高いほど修理が少なくて済む。

単純に稼ぐに特化するなら、AttackとHPが高いもの。通勤での利用など、歩く距離が決まっているならAttackとHPのバランスを考えることで、コスパのいいNFTスニーカーを購入できるはずです。

NFTスニーカーの希少性

NFTスニーカーには5種類のレア度が設定されています。

種類レア度
Common
Rare☆☆
Epic☆☆☆
Hero☆☆☆☆
Legendary☆☆☆☆☆

レア度が高いほど高価になりますがRUXの獲得できる量も多くなります。

NFTスニーカーのレベル

プレイヤーは獲得したRUXを使って、NFTスニーカーのレベルを上げられます。

レベルアップすると、NFTスニーカーの4つの属性に分配できるポイントがもらえます。分配は自由に決められるため、稼ぐ重視でAttackに全振りするなど、自分好みのNFTスニーカーにカスタマイズ可能です。

スニーカーのMint(発行)

所有しているNFTスニーカーを2セット組み合わせて新しいNFTスニーカーをMint(発行)できます。

発行されたNFTスニーカーは、組み合わせた2セットから属性やレア度を引き継ぎます。より効率的に稼げるNFTスニーカーを手に入れられるでしょう。

また、レア度の高いNFTスニーカーをMintして、マーケットプレイスで高値で販売するという稼ぎ方もあります。

④他のアプリとの併用ができる

RunBlox(ランブロックス)は他のアプリとの併用が可能です。

つまり、STEPNなど他のMove-To-Earnゲームで稼ぎながら、RunBloxでもRUXトークンを稼げるということです。

さすがに併用できるアプリの数には限度があると思いますが、スマホを複数台用意してプレイする人も出てきそうですね。

⑤スマートウォッチにも対応済み

RunBlox(ランブロックス)はスマートウォッチ(現在はAppleWatchのみ)に対応しています。

スマホを持ったり身につけたりして走るのは大変なので、スマートウォッチに対応しているのは助かりますね。

RunBlox(ランブロックス)の初期費用

Runblox(ランブロックス)の初期費用は9月23日現在で、およそ2AVAX(約5,000円)です。

Runblox(ランブロックス)を始めるために必要な、NFTスニーカーの価格がそのまま初期費用となります。

NFTスニーカーの価格は日々変動しているため、正確な価格は後ほどインストールするアプリのなかで確認してみてください。

RunBlox(ランブロックス)の始め方【8ステップ】

RunBloxの始め方【簡単5ステップ

RunBlox(ランブロックス)の始め方は次の8ステップです。

  • ステップ①:ビットフライヤーで口座開設する
  • ステップ②:公式アプリをインストールする
  • ステップ③:ビットフライヤーでリップルを買う
  • ステップ④:Bybit(バイビット)で口座開設する
  • ステップ⑤:Bybit(バイビット)にリップルを送金する
  • ステップ⑥:Bybit(バイビット)でAVAXを入手する
  • ステップ⑦:AVAXをアプリ内ウォレットに送金する
  • ステップ⑧:NFTスニーカーを購入する

手順が多くて大変そうですが、ひとつひとつはカンタンです。

NFTスニーカーの購入までクリアすれば、あとは歩いて稼ぐことに集中できるので、一緒にやっていきましょう。

ステップ①:ビットフライヤーで口座開設する

はじめに、暗号資産(仮想通貨)取引所のビットフライヤーの口座を開設します。
» 【無料】ビットフライヤーで口座開設する

NFTスニーカーを購入するための仮想通貨を買ったり、ゲームで稼いだRUXトークンを日本円に換金する場所になるからです。

暗号資産(仮想通貨)取引所のなかでも、ビットフライヤーをおすすめする理由は次の3つです。

  1. 仮想通貨が1円から購入できるので、初心者でもはじめやすい
  2. リップルの送金手数料が無料のため、海外取引所との併用がしやすい
  3. セキュリティが優れているため、安心してお金を預けられる

くわしい開設手順は下記の記事にまとめているので、参考にしてみてください。申込手続きは最短10分程度で完了します。

関連記事

ビットフライヤーの口座開設方法や仮想通貨の購入まで、100枚近い画像をつかってわかりやすく解説しています。[…]

【仮想通貨の始め方】ビットフライヤーの口座開設方法と購入手順

ステップ②:公式アプリをインストールする

ビットフライヤーの口座が使えるようになるまでには少し時間がかかります。そのあいまに、Runblox(ランブロックス)の公式アプリをインストールしておきましょう。

RunBlox: Run, Burn, Earn

RunBlox: Run, Burn, Earn

OPENBLOX LIMITED無料posted withアプリーチ

iPhone用とAndroid用があります。ご利用の端末にあわせて、上記リンクよりダウンロードしてください。

それでは、RunBlox(ランブロックス)アプリのインストール手順を解説していきます。

「入手」をタップします。

「開く」をタップします。

「Create Wallet」をタップします。

4桁のパスコードを設定します。

パスコードを再入力します。

リカバリーフレーズが表示されます。紙に書き出したり、スクリーンショットを撮るなどして控えてください。

完了したら「Next」をタップします。

フレーズを順番にタップして、さきほど表示されたとおりに並べていきます。

並べ終わったら「Confirm」をタップします。

「Turn on Touch ID」をタップしてTouch IDの設定をします。

Runbloxに位置情報の使用を許可するかを聞かれるので「Appの使用中は許可」をタップします。

「NEXT」をタップして、インストールの完了です。

ステップ③:ビットフライヤーでリップルを買う

ビットフライヤーの口座が使えるようになったら、仮想通貨のリップル(XRP)を購入します。

なぜリップルを購入するかというと、ビットフライヤーではリップルを送金手数料が無料になっているため、ほかの通貨よりお得に送れるからです。

また、リップルは送金用につくられた仮想通貨です。そのため、送金スピードがビットコインの600倍もあります。

リップルのくわしい購入方法は下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事

手数料が800倍節約できる購入方法を、画像付きでわかりやすく解説しています。[…]

【お得】ビットフライヤーでのリップル(XRP)の購入方法・買い方

ステップ④:Bybit(バイビット)で口座開設する

つづいて、海外取引所のBybit(バイビッド)の口座開設をしていきます。

海外の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも、特にBybit(バイビッド)をおすすめする理由は次の3つです。

  • 世界最安級の取引手数料(一律0.1%)
  • Move to Earn系トークンの取扱が多い
  • 日本人向けのサポートが充実している

「また口座開設かぁ」と思うかもしれませんが、安心してください。Bybitでは本人確認が不要です。そのため、最短5分の簡単な登録だけですぐに取引をはじめられますよ。

Bybit(バイビッド)の口座開設は以下のリンクから無料でできるので、ぜひ活用してください。
»【無料】Bybitの口座を開設する 

ステップ⑤:Bybit(バイビット)にリップルを送金する

次に、ビットフライヤーで購入したリップルをBybitの口座へ送付します。

まず、Bybitにて振込用のアドレスを確認して、ビットフライヤーにて送付手続きをする流れです。

こちらも、くわしい送付手順は下記の記事にて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

ビットフライヤーからBybitへ仮想通貨リップルを送金する方法について、豊富な画像を使ってわかりやすく解説しています。[…]

ビットフライヤーからBybitへリップルを送金する方法【2022年最新版】

ステップ⑥:Bybit(バイビット)でAVAXを入手する

Bybitにリップルが着金したら、「AVAX」という暗号資産(仮想通貨)に交換します。

だたし、リップルとAVAXは直接交換できません。そのため、いったん「USDT」に交換する必要があります。

リップルとUSDTの交換方法は「BybitでXRPをUSDTに交換する方法」にて解説しているので、参考にしてみてください。

以下では、USDTとAVAXの交換方法について解説していきます。

Bybitのアプリを開き、画面下部に表示されている「取引」をタップします。

画面上部の横2本線アイコン部分をタップします。

検索窓に「avax」と入力します。するとAVAXの通貨ペアのみ表示されるので、一覧のなかから「AVAX / USDT」をタップします。

取引画面にて、下記の通り設定します。

  • 「買い」を選択
  • 「成行注文」を選択
  • 交換するUSDTの数量を入力

入力が完了したら「AVAXを買い」をタップします。

最終確認画面が表示されるので、確認のうえ「AVAXを買い」をタップします。

ステップ⑦:AVAXをアプリ内ウォレットに送金する

Bybitで用意したAVAXをRunbloxアプリ内のウォレットへ送金します。

はじめにアプリ側でウォレットアドレスを確認して、BybitからAVAXの送付手続きをする流れです。

アプリ側でウォレットアドレスの確認

アプリを開き、右上のアイコン部分をタップします。

「Wallet」をタップしてタブを切り替えます。

「WalletAddress」の下の数字が送金に必要なウォレットアドレスです。タップすると自動的にコピーされます。

BybitからAVAXの送付手続き

Bybitのアプリを開き「資産」をタップします。

「出金」をタップします。

検索窓に「avax」と入力します。

表示された「AVAX」をタップします。

このような画面が表示されるので、次のように設定します。

  • アドレス → Runbloxアプリで確認したアドレス
  • ネットワーク → AVAXC
  • 金額 → 送付するAVAXの数量(ここでは、テストのために1AVAXに設定しています。)

設定が完了したら「出金」をタップします。

メールで届く認証コードと、Google認証コードを入力して「同意する」をタップします。

以上で、AVAXの送付手続きが完了しました。

ステップ⑧:NFTスニーカーを購入する

それでは、最後にNFTスニーカーを購入していきます。

アプリを開き「MARKET」をタップします。

スニーカー毎に対応速度が決められているので、探すときは「Filter」からライフスタイルにあったものに絞り込むのがおすすめです。

ここでは、歩きに適している「FLower」を選択しました。

クラス「FLower」のNFTスニーカーの一覧に変わりました。

気に入ったものをタップします。

能力値などを確認し、問題なければ「BUY」をタップします。

確認画面が表示されるので「Confirm」をタップします。

お疲れさまでした!以上で、NFTスニーカーの購入まで完了です。

RunBlox(ランブロックス)の稼ぎ方

RunBloxでのシンプルな稼ぎ方

RunBlox(ランブロックス)の稼ぎ方はシンプルで、基本的には移動することでRUXトークンを獲得していきます。

①歩いたり走ったりする

アプリを起動させて、歩ったり・走ったりすることでRUXトークンを稼ぎます。ただし、NFTスニーカーのタイプに合わせた歩行速度でないと稼げないので注意してください。

スニーカータイプ毎の歩行速度範囲

タイプ歩行速度範囲(km / h)
歩く(Walk)2-7
ジョギング(Jog)5-11
走る(Run)8-20

また、ずっと歩き続けられるわけではありません。NFTスニーカーにはそれぞれエナジーがあり、歩くたびに消耗するので、無くなる前に回復が必要です。

②NFTスニーカーのレベルを上げる

稼いだRUXトークンを使用して、NFTスニーカーのレベルを上げられます。レベルをアップするとNFTスニーカーの性能を上げるためのポイントがもらえます。

このポイントを使ってNFTスニーカーの属性を上げることでより稼ぎやすいNFTスニーカーにレベルアップできます。

スニーカーの属性

  • Attack:RUXの獲得量に大きく影響
  • Luck:アイテムがもらえる確率が上がる
  • Speed:開発中のため不明
  • HP:スニーカーの耐久性。数値が高いほど修理が少なくて済む。

③NFTスニーカーをMInt(発行)する

RunBloxでは、2セットのスニーカーをMint(発行)してよりレア度の高いスニーカーを生み出せます。

発行されたNFTスニーカーは2セットの属性やレア度を引き継ぎます。そのため、より効率的に稼げるNFTスニーカーを手に入れられるでしょう。

③スニーカーを売却する

NFTスニーカーはマーケットプレイスで売却することができます。

レベルを上げたり、Mintしたりで、レア度の高いスニーカーほど高値で売買できるでしょう。

RunBlox(ランブロックス)の将来性が有望な理由

RunBloxの将来性が有望な理由

RunBlox(ランブロックス)の将来性が有望な理由を、次の5つの側面から解説します。

  • ロードマップ
  • インフルエンサーとの連携
  • NFTゲームプラットフォームの存在
  • 影響力のある投資家の存在
  • 活発なコミュニティ

ロードマップ

RunBlox(ランブロックス)のロードマップは次のようになっています。

2022 4月 - 6月
  • コンセプト
  • UI/UXデザイン
  • マーケットプレイス開発
2022 7月 - 9月
  • NFTマーケットプレイスの立ち上げ
  • モバイルアプリの起動
  • アプリ内マーケットプレイス
2022 10月 - 12月
  • ウォッチバージョン(Apple WatchとGalaxy Watch)
  • ゲームプレイのアップデート
  • クエストシステム
2023 1月 - 3月
  • オフラインイベントとパートナーシップ

開発もロードマップに従って順調に進んでいます。

今後は、クエストシステムのリリースも控えていて、期待できる内容になっているといえます。

インフルエンサーとの連携

RunBlox(ランブロックス)が所属している、NFTゲームプラットフォーム「OpenBlox」では、アドバイザーとして有名インフルエンサーを起用しています。

「魔LUCIAN」という方はフォロー数5.3万人がおり、仮想通貨界隈では有名なインフルエンサーのひとりです。

彼が有名になった要因のひとつは、紹介しているプロジェクトの成功率が高かったことです。そのため、熱心なフォロワーも多く、発言の影響力は彼よりフォロワー数が多いインフルエンサーよりも大きいでしょう。

「OpenBlox」のアドバイザーではありますが、ツイートにも名前が上がっているように、RunBlox(ランブロックス)についても紹介していく可能性が高いため、RunBloxの人気にもかなりプラスになるはずです。

NFTゲームプラットフォームの存在

RunBlox(ランブロックス)がSTEPNなどのMove-to-Earnと大きく異なる点は、OpenBloxというNFTゲームプラットフォームを持っているというところです。

そのため、他のMove-to-Earnゲームにはできない集客ができます。

たとえば、OpenBloxの他のNFTゲームのプレイヤーが、同じプラットフォームであるRunBloxをやり始めるといったことが起きやすいということです。

もちろんRunBlox(ランブロックス)から違うゲームに行くユーザーもいると思いますが、プラットフォーム全体の人気が出ればRunBlox(ランブロックス)にも新しいユーザーが入ってくるので問題ありません。

このようにNFTゲームプラットフォームを持っているRunBlox(ランブロックス)は、プラットフォームが様々なユーザーを取り込むことで、RunBlox(ランブロックス)の将来性にも良い影響を与えます。

影響力のある投資家の存在

RunBlox(OpenBlox)には影響力のある投資家がついています。

一番話題になったのはZOZO創業者の前澤さんです。

【MZ Web3ファンド投資先第一号決定】
Move to EarnやPlay to Earnのアプリ開発を行うOpenblox @OpenBlox_io への投資が決定。#Runblox など各種サービスを日本でも紹介していきます。

さらに水島ヒロさんも出資していることが明らかになりました。

私も出資しています⭐︎

特に日本においてですが、RunBloxは影響力のある投資家がついていることで将来性に期待できます。

活発なコミュニティ

RunBlox(ランブロックス)はゲームの開始前から、大きなコミュニティを形成しています。

RunBlox(ランブロックス)コミュニティの参加者数(2022年6月時点)

  • Twitter 3万人
  • Telegram 4.6万人(英語圏)
  • Discord 6.3万人

STEPNコミュニティの参加者数

  • Twitter 60万人
  • Telegram 3万人(英語圏)
  • Discord 1.8万人

STEPNのTwitterのフォロワー数は60万人以上いるので比べものにならないのですが、TelegramやDiscordの参加者数はRunBloxの方が多くなっています。

TelegramやDiscordはクローズドなコミュニティスペースです。そのため、STEPNよりRunBlox(ランブロックス)の方が積極的に参加する姿勢を持ったユーザーが多いと考えらます。

参加者が多くコミュニティが元気なほどゲームが広がりやすいため、将来性にも期待できるでしょう。

RunBloxで健康的に稼ごう!

RunBloxで健康的に稼ごう!

RunBlox(ランブロックス)のような稼ぎ方はブロックチェーンやNFTの登場でできるようになった最先端の稼ぎ方です。ほんの数年前でも、このようなゲームが登場すると予想していた人は少なかったでしょう。

さらに、稼げるだけではなく、歩くことで健康になれるのもいいですね。散歩や通勤のついでに稼ぐこともできてしまいます。

もちろん仮想通貨やNFTには、大幅な価格変動のリスクが伴います。参入の際は、よく検討したうえで余剰資金などを活用してください。

\始め方を解説している箇所へ戻ります/
もう一度RunBloxの始め方を確認する!

こちらのMovetoEarn(M2E)アプリもおすすめ

あわせて稼げる

Walkenの始め方や稼ぎ方はもちろん、特徴や今後の展開などについてもご紹介します。[…]

Walken(ウォーケン) の始め方・稼ぎ方と特徴や今後の展開も解説!

あわせて稼げる

もっともカンタンで手数料が抑えられる方法を選び出しました。[…]

Fitmint(フィットミント)とは?始め方や稼ぎ方を徹底解説【初心者向け】

あわせて稼げる

数十種類のプロジェクトをチェックして、オススメの5作品をランキング形式でピックアップしました。[…]

【厳選】Move to EarnアプリおすすめランキングTOP5【無料あり】

おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所

関連記事

コインチェックで口座開設手順を豊富な画像をつかってわかりやすく解説していきます。[…]

【完全無料】コインチェックで口座開設する手順!豊富な画像でわかりやすく解説

関連記事

ビットフライヤーの口座開設方法や仮想通貨の購入まで、100枚近い画像をつかってわかりやすく解説しています。[…]

【仮想通貨の始め方】ビットフライヤーの口座開設方法と購入手順