無料あり:エンジニア転職した僕が選ぶプログラミングスクール3社

読者
プログラミングスクールに通ってエンジニアになりたい。でも、未経験からの転職だから、しっかりサポートしてくれるところが良いけどどこだろう? 受講料が安ければなおいいな。

このような疑問を解消します。

本記事の内容

  • 転職率ほぼ100%のプログラミングスクール3社の紹介
  • プログラミングスクールの詳しい比較からわかる本当の特徴
  • プログラミングスクール申込の流れ【3ステップ】
  • プログラミングに向いているか不安な方への朗報
  • 日本のエンジニアはこれからが本番である理由

こんにちは、hikoです。

現在はフリーランスとして、プログラミングを中心に稼いでいます。

元々はプログラミングとは何の関係もない、派遣社員でした。
ある日偶然、プログラミングスクールのお知らせが書かれたチラシが目に入りました。

衝撃が走ったのを覚えています。
これしかない」と思いました。

その日のうちに問い合わせメールを送り、退職届を書きました。
間違いなく僕の人生を大きく変えた出来事です。

僕が受講してから10年ほど経ち、プログラミングスクールが増えました。プログラミングスクールを紹介する記事もたくさんあります。しかし、プログラミングができないライターが書いたものや、広告収入だけが目的の記事が多すぎではないでしょうか?

僕の人生を変えてくれた、1枚のチラシのような記事が必要だと思いました。
そこで、本当に役立つ記事にするために次の2点を重視しています。

  • 転職成功率という客観的な指標を基準とする
  • それらを経験者の視点から比較検証する

他の紹介記事では絶対に書かれていない内容が含まれていますので、ぜひ最後まで読んでください。エンジニア転職のためのプログラミングスクールを決める、決定打となるはずです。

エンジニア転職した僕が選ぶプログラミングスクール3社

結論からお伝えします。

  • TECH CAMP エンジニア転職 *転職成功率99%
  • DMM WEBCAMP 転職コース専門技術講座 *転職成功率98%
  • POTEPAN CAMP *転職成功率98%

この3社がエンジニア転職コースを設けている、プログラミングスクールのTOP3です。成功率50%程度と言われているエンジニア転職業界で、ほぼ100%の成功率を叩き出している猛者達です。よほどの選り好みがなければ、この中から選ぶことをおすすめします。

続いて、1社ずつ詳しく解説していきます。

「TECH CAMP エンジニア転職」転職成功率99%

YouTubeでチャンネル登録者数81万人(2020年9月時点)を誇る、マコなり社長率いる「株式会社div」が運営しているスクールです。 転職成功率は99%。テクノロジー系ベンチャーを中心に、多くのエンジニアを輩出してます。

「TECH CAMP」の特徴

  • 教室使い放題・質問し放題・フルオンライン対応
  • 「専属ライフコーチ・プログラミングメンター・キャリアアドバイザー」
  • 最短10週間でエンジニア転職できる密度の高い教育プログラム

受講期間

最短10週間

身に付く言語・スキル

Rubyを使ったウェブアプリケーション作成技術

料金

648,000円(税別)

保証

・14日間無条件返金保証
・転職出来なかった場合には受講料を全額返金

「TECH CAMP エンジニア転職」に向いている人

  • 短期間で集中的に学んで、ベンチャー企業に転職したい人
  • マコなり社長の人柄が好きな人
  • 30代未経験で転職保証を受けたい方

»転職成功率99%「TECH CAMP エンジニア転職」の詳細はこちら

「DMM WEBCAMP 転職コース専門技術講座」転職成功率98%

DMM WEBCAMPは元々「WEBCAMP」として株式会社インフラトップが運営していたプログラミングスクールです。その後、幅広く事業を手がける「DMM.com」が会社ごと回収して現在の名称となりました。

「DMM WEBCAMP 転職コース専門技術講座」の特徴

  • 教室使い放題・質問し放題・フルオンライン対応
  • 転職成功まで伴走するキャリアサポート
  • 国の教育訓練給付金制度を利用で最大56万円のキャッシュバック

受講期間

17週

身に付く言語・スキル

Rubyを使ったウェブアプリケーション作成技術

料金

828,000円(税別) → 実質350,800円(税別)
*教育訓練給付金を利用した場合

保証

転職出来なかった場合には受講料を全額返金 *基本的には30歳未満

「DMM WEBCAMP 転職コース専門技術講座」に向いている人

  • 現役エンジニアとのチーム制作の授業を受けたい方
  • 30歳未満で転職保証を受けたい方
  • 教育訓練給付金を利用して授業料を抑えたい方
»転職成功率98%「DMM WEBCAMP 転職コース専門技術講座」の詳細はこちら

「POTEPAN CAMP」転職成功率98%

「POTEPAN CAMP」は株式会社ポテパンが運営するプログラミングスクールです。プログラミングスクール運営の他にも「フリーランスエンジニア専門案件紹介サービス」や「20代のエンジニア専門転職支援サービス」を運営しています。そのため、エンジニアと企業のマッチングという領域では存在感があります。

「POTEPAN CAMP」の特徴

  • フルオンライン対応
  • 現場エンジニア目線の細かいレビューや、実戦形式の学習
  • 実質無料で受講可能

受講期間

17週

身に付く言語・スキル

「Ruby on Rails」によるECサイト作成技術

料金

300,000円(税別)

保証

ポテパン経由で仕事が決まると全額キャッシュバック

「POTEPAN CAMP」に向いている人

  • 20代の未経験者、または30代Web業界経験者で現役エンジニアからの直接指導を受けたい人。
  • 全額キャッシュバックを利用して受講料無料にしたい方

»転職成功率98%「POTEPAN CAMP」の詳細はこちら

プログラミングスクール3社の比較

上述した特徴と独自の見解をまじえて、2社ずつ詳しく比較していきます。

「TECH CAMP」と「DMM WEBCAMP」の比較

「DMM WEBCAMP」は「TECH CAMP」をかなり意識しているので、「質問し放題・教室の利用・フルリモート」などのメリットを備えています。エンジニア転職するスクールとして、サービスレベルはどちらも高水準です。

ただし、得意分野は違います。「TECH CAMP」は「人生を変える」ことをテーマにしているため教育プログラムが優秀です。一方、「DMM WEBCAMP」は幅広いビジネスを手がけているDMMが母体のため、キャリアサポートが手厚くなっています。

一言で表すと、

「TECH CAMP」= 人生
「DMM WEBCAMP」= ビジネス

なのでこの2社で迷ったら、「自分がなぜプログラミングを学んでエンジニアになりたいのか?」を考えてみるのがオススメです。

もし、プログラミングが人生を変える手段として考えているのならば「TECH CAMP」。お金を稼ぐ手段として考えているならば「DMM WEBCAMP」の方が合うでしょう。

「DMM WEBCAMP」と「POTEPAN CAMP」の比較

「DMM WEBCAMP」は「TECH CAMP」を意識していましたが、「POTEPAN CAMP」が「DMM WEBCAMP」を意識してサービスをまねることはなく、独自路線です。

なので、プログラミングスクールとしてサービスが充実しているのは「DMM WEBCAMP」です。では、なぜ「POTEPAN CAMP」が「DMM WEBCAMP」と同じ98%の転職成功率を誇っているのでしょうか?

株式会社ポテパンはフリーランスエンジニアに案件を紹介する「ポテパンフリーランス」と、転職サービス「ポテパンキャリア」も運営しています。そのため、業界に幅広いネットワークを持っているからです。

なのでこの2社で迷ったら、人生で「ビジネス」と「つながり」のどちらを大切にしているかで考えてみるのがでしょう。

「POTEPAN CAMP」と「TECH CAMP」の比較

「POTEPAN CAMP」と「TECH CAMP」は、どちらも独自路線で突き抜けているプログラミングスクールです。なので、条件が合えば気に入った方を選べば間違いありません。

ただ、一つだけ注意したいところは「エンジニア転職した後に感じるギャップ」です。

わかりやすくするために、二つのスクールを高校にたとえて説明します。

「TECH CAMP」は超優秀な進学校


教育プログラムに特化しているため、講師は教えるプロです。専属のライフコーチも含めて現役エンジニアというわけではありません。そのため、いざ転職したときに現場とのギャップを感じやすいはずです。

「POTEPAN CAMP」はエリート工業高校


ライフコーチなどはいませんが、現役エンジニアの講師や転職をサポートも現場に精通した人によって行われます。受講中に現場の雰囲気を感じれるため、転職後のギャップは感じにくいでしょう。

そのため、この2社で迷ったら自分は、「ゆっくりとした変化」と「急激な変化」のどちらが好きかを考えてみるのがオススメです。徐々に変化するのが好きな人が「TECH CAMP」から就職するとストレスを感じやすいかもしれませんし、急激な変化が好みのひとが「POTEPAN CAMP」から転職すると物足りなさを感じる可能性があります。

一般的なプログラミングスクール申込の流れ【3ステップ】

プログラミングスクールへの申込の流れを解説します。基本的にほぼ全てのスクールで下記の3ステップになっています。

無料カウンセリング →  本エントリー →  受講開始

無料カウンセリング

無料カウンセリング(無料相談)は、どのスクールでも必ず実施されています。疑問があればこの無料カウンセリングで解消しておきましょう。プログラミングスクールの雰囲気も多少掴めると思います。

本エントリー

カウンセリングが終わったら本エントリーへ進みます。

受講開始

受講開始です。

「プログラミングに向いているか不安」→ 「無料体験レッスン」がおすすめ

読者
授業がはじまってから、絶望的にプログラミングに向いてなかったらどうしよう。無料カウンセリングでは適性まではわからないんじゃないだろうか?
hiko
そのような場合は、「無料体験レッスン」が受けられるプログラミングスクールを検討してみるのと良いかもしれません。

「侍エンジニア塾」は「無料体験レッスン」が受けられるプログラミンスクールです。転職成功率も94%と高い数字になっています。さらに、転職に成功した場合は全額キャッシュバックが受けられるので、実質無料でプログラミングが習得できます。

また、「侍エンジニア塾」はマンツーマンレッスンを始めて取り入れたプログラミングスクールとして有名です。受講生に合わせて完全オーダーメイドカリキュラムを組んでいるので柔軟な対応を求めている方に向いています。

»「侍エンジニア塾」無料レッスンの詳細はこちら

最後に:日本のエンジニアはこれからが本番

IT分野でシリコンバレーに、大きく差をつけられた感のある日本ですが、これから本番に突入します。

次のような、テクノロジーによって解決されるべき問題が山積みだからです。

  • 老朽化した社会システム
  • 鬱や自殺
  • 少子高齢化、など

高度経済成長期の日本がそうであったように、後世に語り継がれるような出来事が次々に起こってくるはずです。

エンジニアという職業は収入の面ではもちろん魅力的です。しかし、それ以上に社会的なやりがいを感じる職業ではないでしょうか?

もしやりがいを感じたのならば、きっとエンジニアに向いています。エンジニアの本質は問題解決力だからです。

エンジニアの売り手市場はいつまで続くかわかりません。ぜひこのチャンスつかんでください。

それでは、良いエンジニアライフを!

エンジニア転職した僕が選ぶプログラミングスクール3社