The Sandbox(サンドボックス)ゲームの始め方・やり方【遊び方も紹介】

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の始め方ガイド【遊び方と稼ぎ方も紹介】

🧑‍💻

 
お悩みの声「The Sandboxの始め方を知りたい!The Sandboxはどう遊べばいいの?」

このような疑問を解消します。

 
ヒコラボ
記事を書いた人「こんにちは、ヒコラボです。日々暗号資産を運用しつつ、メタバースに関して研究をかさねています。」

この記事では、The Sandboxの始め方と、実際に始めたあとの遊び方まで詳しく紹介していきます。

本記事の主な内容

ご紹介している「The Sandboxの始め方」〜 The Sandboxの遊び方」までを実践すれば、迷うことなくThe Sandboxを始められます。時短になるのでゲームに使える時間が増えますよ。

無駄な前置きなしで、すぐに「The Sandboxの始め方」を解説しているので、ぜひ読み進めてみてください。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)ゲームの始め方【5ステップ】

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の始め方ガイド【遊び方も紹介】

The Sandboxの始め方を解説します。The Sandboxを始めるために準備するものは、下記の3つだけです。

事前に準備するもの

  • 暗号資産取引所の口座
  • パソコン(一般的なものでOK)
  • MetaMask(メタマスク)

ステップ1:コインチェックで無料口座開設

コインチェックでのビットコインの買い方!入金方法も解説

はじめに、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設します。

おすすめはコインチェック(Coincheck)です。初心者に使いやすく、500円から仮想通貨を購入できます。
»【無料】Coincheckで口座開設する

また、コインチェックではThe Sandboxのゲーム内通貨であるSAND(サンド)や、The Sandboxの土地であるLAND(ランド)が購入できる国内唯一の暗号資産(仮想通貨)取引所になっています。

メタバースゲームが革新的なことの一つは、ゲームをすることで日本円に換金可能な暗号資産(仮想通貨)を稼げるところです。

仮想通貨口座がないと、日本円と仮想通貨の換金ができなくなってしまいます。忘れずに開設しておきましょう。

具体的な口座開設方法は下記の記事に書いたので、よろしければ参考にしてみてください。

関連記事

コインチェックで口座開設手順を豊富な画像をつかってわかりやすく解説していきます。[…]

【完全無料】コインチェックで口座開設する手順!豊富な画像でわかりやすく解説

ステップ2:MetaMask(メタマスク)をインストール

つづいて、MetaMaskをインストールします。MetaMaskは仮想通貨用のウォレットです。仮想通貨用のウォレットにはいくつか種類がありますが、MetaMaskが一番人気があります

The Sandboxのログインにも必要になるので、公式サイトからダウンロードしてインストールしておきましょう。MetaMaskが対応しているブラウザは4つありますが、シェア率NO.1のChromeがオススメです。

関連記事

メタマスク(MetaMask)のインストールと登録方法ついて豊富な画像でわかりやすく手順を解説しています。また、重要な秘密鍵の保管方法など関連情報も豊富に紹介しました。安心してメタマスクを使い始めらるためにピッタリの内容になっています。[…]

メタマスク(MetaMask)のインストールと登録方法を丁寧解説

MetaMaskにSANDを表示する

初期設定が完了したら、ゲーム通貨の「SAND(サンド)」を表示できるようにします。

①MetaMaskを開いて、「import tokens」ボタンをクリック
②「カスタムトークン」タブをクリック
③「トークンコントラクトアドレス」欄に次のアドレスを貼り付ける
0x3845badAde8e6dFF049820680d1F14bD3903a5d0
④「Add Custam Token」をクリック
⑤最後に「Import Tokens」をクリックして完了

以上で、MetaMaskのインストールが完了しました。

ステップ3:The Sandboxへログイン

最後に、The Sandboxのログイン手順を解説します。


①公式サイトを開く
②上部の「サインイン」をクリック。


③MetaMaskをクリック。


④接続するウォレット名を確認して「次へ」をクリック


⑤サイトURLを確認して「接続」をクリック


⑥Eメールとニックネームを入力してクリック


⑦URLを確認して「署名」をクリック


⑧パスワードを入力して「保存」をクリック
*GameMakerについては次の章で説明します。


⑨ログイン完了
TOPページ上部が画像のようなアイコンになっていればログインできています。

以上で、The Sandboxへのログインが完了しました。

ステップ4:アバターの作成

つづいて、ゲームに参加するためのアバターをつくっていきます。

左側のメニューから「作成」をクリックします。

「アバター」をクリックします。

こちらの画面でアバターを作成していきます。つくり方は下記の3つです。

  1. テンプレートから選択
  2. ランダムに作成
  3. 個別に作成

迷ったらテンプレートかランダムで気に入ったアバター見つけて、部分的に変えてみるのが一番やりやすいかと思います。あとから変更もできるので、気軽につくってみてください。

出来上がったら「変更を保存」をクリックして完了です。

ステップ5:無料ソフトをインストール

それでは、サンドボックスのゲームを始めるために無料ソフトをインストールしていきましょう。

画面右上のダウンロードをクリックします。

OSを選択して、「ダウンロード後、インストール」をクリックします。

ダウンロードされたファイルを開き、The Sandbox.app」をドラック&ドロップで「Applications」フォルダに移動します。

Applications」フォルダを開き、「The Sandbox.app」をダブルクリックして開きます。

ステップ2で設定したユーザー名とパスワードを入力して「LOGIN」をクリックします。

はじめてのプレイヤー用のマップ「Alpha Lobby」の読み込みが始まります。

PLAY NOW」をクリックします。

お疲れでした。ここが、サンドボックスの世界です。まずは最初のマップである「Alpha Lobby」を散策して、アバターの操作になれてみてください。 

他のゲームに参加する

Alpha Lobby」で操作になれたら、他のゲームを遊んでみましょう。

参加するゲームを選ぶには、The Sandboxのサイト左側のメニューから「プレイ」をクリックします。

するとこのように、サンドボックスで遊べるゲームが表示されます。気になるものをクリックして始めてみましょう。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の遊び方

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の遊び方】

The Sandboxの遊び方を3つご紹介します。

遊び方①:ボクセルアートをつくる

参照:The Sandbox

The Sandboxは、「VoxEdit(ボックスエディット)」というツールをつかって、ボクセルアートをつくれます。

つくれるものは、ゲーム内でアセットと呼ばれる「キャラクター・アイテム・建築物」です。「VoxEdit」ではアセットを、レゴブロックを組み立てるようにつくることができます。そのため、絵を書き込むよりも難易度が低く、コツさえつかめば専門知識がなくても様々な形をつくりだせます。

実際の「VoxEdit」の画面です。クジラやドラゴンなどのテンプレートが用意されています。自分で組み上げなくても、テンプレートに少し手を加えるだけでいい感じのボクセルアートがつくれそうです。

「VoxEdit」を手に入れるには、こちらの公式ページにアクセスして、ダウンロードボタンを押すだけです。指示通りに進めればインストールが完了します。自分だけのボクセルアートをつくって遊びましょう。

遊び方②:3Dゲームをつくる

参照:The Sandbox

The Sandboxでは、「Game Maker(ゲームメイカー)」というツールを使うことで、オリジナルの3Dゲームをつくれます

ゲームに登場させる「キャラクター・アイテム・建築物」は上述した「VoxEdit」でつくり、「Game Maker」を使ってシナリオを与えていくイメージです。3Dゲームというと高度なプログラミングスキルがいるのでは?と思うかもしれませんが、「Game Maker」ではプログラミングスキルは必要ありません。

たとえば、「VoxEdit」を使ってつくったアイテムなども、ドラッグアンドドロップだけで挿入させることができます。シナリオも、もちろんテンプレートが用意されています。このような高機能なソフトが無料で配布されているとは驚きです。ぜひ、ダウンロードして遊んでみましょう。

ダウンロード方法は、こちらの公式ページにアクセスして、ダウンロードボタンをを押すだけです。指示通りに進めればインストールが完了します。ただ残念なのは、対応しているOSが「Windows」のみというところです。Macユーザーは今後の対応に期待しましょう。

*追記:2022年3月からMacにも対応しました!

遊び方③:アセットの売買

参照:The Sandbox

The Sandboxのマーケットプレイスでは「キャラクター・アイテム・建築物」といったアセットの売買ができます。

マーケットプレイスで購入したアセットは自分のLAND(ランド)と呼ばれる土地に配置したり、アバターに装備させたりといった活用ができます。また、遊び方①で紹介した「VoxEdit」でつくったアセットを販売して稼ぐことも可能です。

実際のマーケットプレイスの画面です。左側メニューアイコンの「ショップ」を押すと開きます。販売されている価格はだいたい15,000円〜といったところです。

もしアセットが売れると95%が出品者の取り分なので、仮に15,000円だとすると14,250円分のSANDが入ってくる計算です。

ただし、購入する場合はゲーム通貨のSANDのほかに、ガス代としてイーサリアム(ETH)が必要になります。ガス代はネットワークの混みぐあいで変わりますが、3,000円前後はプラスで支払うと考えた方がいいでしょう。

なお、SAND(サンド)の購入方法は「【簡単】仮想通貨サンド(SAND)の買い方をわかりやすく解説」に詳しくまとめたので参考にしてみてください。

以上、The Sandboxでの遊び方を3つ紹介しました。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)のLANDの買い方

The Sandboxの土地であるLAND(ランド)の購入方法は、下記の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい

およそ2年前から仮想通貨をはじめている筆者が、実際の操作画面の画像を交えながら買い方をご紹介していきます。[…]

The Sandbox(ザ・サンドボックス)を始めよう!

The Sandbox(ザ・サンドボックス)を始めよう!

この記事ではThe Sandboxの始め方と遊び方をお伝えしました。

The Sandboxはソフトバンクから105億円、スクウェア・エニックスなどからは約2億2千万の出資を受けており、日本でも注文度の高いメタバースです。ぜひ、この機会にThe Sandboxを始めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨口座の開設や、ゲーム通貨の入手方法については「【簡単】仮想通貨サンド(SAND)の買い方をわかりやすく解説」を参考にしてみてください。


おすすめのメタバース記事

あわせて読みたい

数十種類のプロジェクトをチェックして、オススメの10作品をランキング形式でピックアップしました。きっとプレイしたくなるメタバースゲームが見つかるはずです。ぜひ読み進めてみてください。[…]

【2022年版】メタバースゲームおすすめランキング12選
あわせて読みたい

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)の始め方についてご紹介しました。また、稼ぎ方やリスクについても解説しています。そのため、事前対策したうえでゲームを始めたい方にピッタリの記事になっています。ぜひ読み進めてみてください。[…]

Axie Infinityの始め方ガイド
あわせて読みたい

ディセントラランド(Decentraland)の始め方について、豊富な画像と共にわかりやすく解説しました。始めた後の遊び方についても紹介していますので「始めたのはいいけど、何をしていいかわからない」とならずに楽しめるはずです。[…]

メタバース:ディセントラランド(Decentraland)の始め方【遊び方も紹介】
あわせて読みたい

リリース前から高い注目を集めているNFTゲーム「イルビウム(illuvium)」について、始め方の5ステップと5つの稼ぎ方を初心者の方向けに分かりやすくご紹介しています[…]

イルビウム(illuvium)の始め方と5つの稼ぎ方【初心者向け】
あわせて読みたい

日々メタバースに触れている筆者が、XANAの始め方や稼ぎ方を解説していきます。[…]

XANA(ザナ)の始め方と稼ぎ方を解説!【初心者向け】
あわせて読みたい

2022年時点で4,787億ドル(約66兆円)、2024年には8,000億ドル(約100兆円)になるとも言われているメタバース経済圏。この記事では、メタバース経済圏で稼ぐための方法を7つの職種と具体例でご紹介しています。[…]

【副業可】メタバースでの稼ぎ方7選!【職種ごとに解説する】
あわせて読みたい

日頃から様々なメタバースに触れている筆者の経験をもとに、徹底的にメタバースについて学べる内容になっています。[…]

メタバースのやり方・始め方を徹底解説【超初心者向け】